すべての製品がここで購入できます

世界一わかりやすい幹細胞のハナシ その3〔間葉系幹細胞培養上清〕

 

hikari

こんにちは。hikariです。今日のテーマは間葉系幹細胞培養上清。聞いたことない言葉ですよね。私も初めて知りました。これが、MATRIXとは切っても切れない関係なのです。

 

MATRIXに使われている間葉系幹細胞培養上清ってどういうもの?

 

間葉系幹細胞って?

間葉系幹細胞から作られる組織を具体的に挙げますと

脂肪

筋肉

皮膚

血管

神経

心臓

となります。

中胚葉性組織に由来する幹細胞のことを間葉系幹細胞と呼ぶそうですが

なんのことやら~ではありますね(;’∀’)

 

皮膚・血管・筋肉を作ってくれると聞くと

美容にはありがたい存在なのがわかります。

 

骨髄、脂肪組織、胎盤や臍帯、歯髄等

いろいろな組織から取得でき培養が可能なので

癌化のリスクもなくコストも抑えられる。

まさにいいとこ取りですね。

 

培養上清って?

これまでは細胞そのものの持つ能力や効能に

注目が集まっていました。

 

ところが近年

細胞が分裂するときに出す様々な分泌物

それらに大きな可能性があることがわかってきたのです。

それらの有用な成分をサイトカインといいます。

 

間葉系幹細胞を培養した過程での分泌物

そのうわずみがMATRIXエキスとなります。

上清というのは『うわずみ』を意味します。

 

’ヒトの細胞を使ってヒトを治す’というこのニュースはN●Kでも報じられていました。

ニュース映像のなかでインタビューを受ける関係者が

「天動説から地動説に変わったくらいの衝撃だ」と

おっしゃっていたのがとても印象に残っています。

 

 

かんかん

それってまるで献血みたいだね。献血は血液だから誰にでもってわけにはいかないけど、培養上清にすると多くの人が恩恵を受けることできるんだ!

hikari

かんかんその考え方スゴイわね。

サイ坊

ぼ~。栗きんとんにたとえると栗じゃなくってきんとんってことだね。
・・サイ坊のその考え方もスゴイ!

hikari

 

関連記事

matrix-extract MATRIXエキスのポテンシャルが高すぎて時代が追いつかない説

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です