すべての製品がここで購入できます

詳しいプロフィール

 

1963年生まれ 東京都在住 しし座
ハートは永遠の27歳(ツッコミはスルーw)
一男(1997年生まれ)一女(1999年生まれ)の母
(画像は娘が高校三年時の作品)

TSUKINO Hikari について

ワタシの本名”明子”からとりました。
明子はワタシが両親から命じられた名なのです。

【明】の漢字は、実は【日】と【月】ではなく
”日”の部分は窓をあらわし月の光が窓からさしこむ様子のことなのだそう。
なのでまんま 『つきのひかり』 です。

太陽のように力強く照らすワケではないけれど
そっと寄り添いたい
そんな想いをこめました。

 

肌のおつきあい遍歴

化粧品を使い始めたのは高校生の頃。
ニキビに悩んでいたのでアクネ系からおつきあいが始まりました。
肌質はTゾーンが脂っぽい混合肌で
特に肌が弱いとかアレルギーもありませんでした。

その後国内外を問わずあらゆるブランドの化粧品を使うことに。
27歳を過ぎたころ界面活性剤や経皮毒について知る機会があり
そこから自然派の化粧品に完全シフトしました。

自然派とはいえ、結局のところ表示を信じるほかはなく
表示されている成分についても
素人が完全に安全性を見極めるのは困難という現実があります。

それでワタシは化粧品を作っている会社の理念を
最重要視することにしました。
もちろん、言ってることとやってることが違う
なんてのはよくあることですから
最後は自分の感覚で選ぶことになります。

そのころ選んだ化粧品はどれも
個人で経営しているような小さな会社の物ばかりでした。
特に肌トラブルを感じることもなかったのですが、
30歳を過ぎてからシミが気になるようになりました。

40歳を過ぎるころ花粉症を発症。
時期によっては一部植物系の化粧品が使えなくなるなど
年齢を重ねるごとに体質が変化していきました。

それまで何の疑問もなく化粧品を毎日肌に塗っていたのですが
もうすぐ50歳になろうかという頃、これって本当に肌にいいの?と。
もしかしてプラシーボ?

肌が荒れた時も化粧品で良くなっているとは感じられず
一時的にすべての基礎化粧品を止めてみることにしました。

実際止めてみても、思ったほど変わらなかったのです。
これは正直複雑な思いでした。。
ちょうど時を同じくして手作り化粧水に出合って。

とりあえず作って使ってみたら
買った化粧品を使ってた頃とそれほど変化がなく。。

それからは顔もカラダも『美肌水』を使い
油分の足りない時にオイルを使うという
極めてシンプルなお手入れになりました。
(『美肌水』の作り方はこちら

そして気がついたら目の下のシミがキレイに消えていて
ホントにびっくりしましたし、とても嬉しかったです。

アイテックインターナショナルの製品は
香料も使われていませんし
とにかく違いを実感できることが
他の化粧品とは違うところです。

研修のときの講師の印象的な言葉
「今までの化粧品は肌を保護するものでした。
アイテックの製品は肌を作るものなんです。」

ワタシ自身、今はバランスが一番大切だと考えています。
アイテックだけが良いと言うつもりはありません。

添加物を気にしすぎても、また効果と金額との折り合いもあります。
自分にとって心地いい、全体のバランスが一番合ったものを
選べばいいのかなと思います。

効果があるのに薬機法抵触のおそれがあるために
せっかくの効果をおおっぴらにはうたえない
というジレンマのなかで(どれだけお伝えできるのか)
というところではあります。

ワタシが真実だと認めたことだけをお伝えしていくことを誓い
また、このサイトをご覧になるかたの健康と幸せを
心から祈りながら日々更新しております。